レッスン、ミニスイング

練習場で最初から最後までドライバーばかり練習してる方を多く見かけます。
個々の考え方がありますので、一概に良し悪しはいえせんが、もし貴方が上達のために、練習場に練習をしにい
くのなら、短いクラブでミニスイング主体の練習に切り替えてみましょう。 
練習場で体を動かして、ストレスの発散のためにいってるのなら、なにもいうことはないのでそのままどうぞ。
他のページにも書いてありますが、ゴルフ上達=スイングの筋肉の動きを変えることです。
そのため、正しいゴルフスイングを覚える、または修正するとき、(筋肉の動きを変える)にフルスイングで行なうこ
とは大変難しと思いますし、時間もかかってしまいます。
フルスイングよりもミニスイング(シャフトが地面から平行のバックスイングからフォローまでのハーフスイング)で覚
えることで、より効率的にスイングを覚えたり、修正することができます。
繰り返し、正しいミニスイングを練習をすることで、筋肉に動きを覚えさせ、大きくスイングしてもブレのないスイング
が身に付くと思います。 
ミニスィングは体への負担も極めて少ないので、ジュニア女性初心者シニアのっゴルファーまで、どなたへもお勧めできる効果的指導法です。

 


ジュニア,女性,初心者からのゴルフ教室、ゴルフレッスンは、茨城県つくばゴルフスクールへ!無料体験レッスンを随時行ってます。お電話またはメールで、お気軽にお問い合わせください

カテゴリー: 実践的なゴルフレッスン | タグ: , , , , , | 投稿日: | 投稿者:

渡辺 政氏 について

全米ベスト20のインストラクターとしても有名な、マイク・マラスカ、ジム・フリック(写真左[米国ゴルフダイジェストゴルフスクール校長])に学び、93年に「ジャック・ニクラスゴルフスクール」の認定インストラクターとなる。2004年、アメリカ「ジャック・ニクラスアカデミーオブゴルフ」においても直接学び,国内外の最高レベルのインストラクション技術を持つ。日本語・英語のどちらでもレッスンを行っており、そのレッスン技術はアマからプロまで高い評価を得ている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です