深いラフや逆目の場合のアプローチ

深いラフや逆目の場合ではクラブフェースとボールの間に芝が挟まるためスピンの計算がで

きません。そのため寄せるのが非常に難しいといえます。ボールとクラブフェースの間に挟ま

る芝の量を減らすため、左足に体重をかけ、ボールは右寄りにおいて手首を使って真上に上

げて落とすようなイメージがいいでしょう。それでもスピンはほとんどかからないのでランの計

算を多めにします。インパクトの際に芝の抵抗でクラブスピードが落ちやすいのでスピードを

落とさないように心がけましょう。

ボールの下の地面の硬さにも注意します。地面が硬いとクラブは跳ね返されてしまいます。

初心者からプロゴルファーまでの個人レッスンやスクールなら茨城県つくばゴルフスクールにご相談ください

 

 

ジュニア育成、初心者からプロゴルファーまでのゴルフスクール。、個人レッスンやゴルフ教室などゴルフのことなら、茨城県つくばゴルフスクールへ!無料体験レッスンを随時行ってます。お電話またはメールで、お気軽にお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です