ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブの選び方
ゴルフクラブのフレックス(硬度)について。
メーカーによって呼び名は違いますが、基本的にシャフトの柔らかい方から順に J・L・A・R・SR・S・X・XXと表示されます。
J = ジュニア
L,A 女性
R=一般男性
SR= 筋力のある男性
S=かなり筋力のある男性
X,XX=プロ向け
ヘッドスピードの遅い人が硬すぎるシャフトのクラブを使うと、ボールが上がらない、飛ばないという場合があり、逆に柔らかすぎるシャフトの場合はボールが上がりすぎたり、曲がりやすくなる傾向があります。
年齢や性別からくる筋力やヘッドスピードにあった硬さのシャフトを選ぶようにしましょう。 出来たらお店の進められるままにせず、購入前に試打をさせてもらいましょう。
キックポイントについて
ゴルフクラブのしなりの頂点をキックポイント(調子)と言います。
ローかミドルかハイをカタログに見かけた方も多いんじゃないかな?
色々試すとキックポイントの位置により球筋が大きく変わることが分かります。
ローキックポイント(先調子)だと高い弾道でボールが飛び、、ハイキックポイント(手元調子)にすると低い弾道にボールが飛びます。
その中間がミドルキックポイント(中調子)です。

ジュニア育成、初心者からレディース、中級者、上級者、プロゴルファーまで、ゴルフのレッ
スンやスクール、その他、ゴルフのことなら茨城県つくば市と筑西市にある『つくばゴルフス
クール』にご相談ください
ジュニア,女性,初心者からのゴルフ教室、ゴルフレッスンは、茨城県つくばゴルフスクールへ!無料体験レッスンを随時行ってます。お電話またはメールで、お気軽にお問い合わせください

カテゴリー: ゴルフクラブの選び方 | タグ: , , , , , | 投稿日: | 投稿者:

渡辺 政氏 について

全米ベスト20のインストラクターとしても有名な、マイク・マラスカ、ジム・フリック(写真左[米国ゴルフダイジェストゴルフスクール校長])に学び、93年に「ジャック・ニクラスゴルフスクール」の認定インストラクターとなる。2004年、アメリカ「ジャック・ニクラスアカデミーオブゴルフ」においても直接学び,国内外の最高レベルのインストラクション技術を持つ。日本語・英語のどちらでもレッスンを行っており、そのレッスン技術はアマからプロまで高い評価を得ている。

ゴルフクラブの選び方」への1件のフィードバック

  1. 匿名

    アイアンのシャフトはカーボンとスチールがありますがどう違うのでしょうか

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>