タグ別アーカイブ: 初心者

バンカーのマナー

バンカーでのマナーについて
正解はどれですか? 複数回答可
1 バンカーに入るときは、
①ヘリが低い方からはいる?
②ヘリが高い方からはいる?
③ボールに近い場所からはいる?
④遠い場所から入る?
2 バンカーの均し方
バンカーをならすときは、
①進行方向に対して横にならす
②進行方向に対して縦にならす
③どちらでもよい
レーキの置き方
どこにおくべきでしょうか?
①バンカーの外
②バンカーの中
③どこでもいい
 

答えはカテゴリー回答へ


 ジュニア,女性,初心者からのゴルフ教室、ゴルフレッスンは、茨城県つくばゴルフスクールへ!無料体験レッスンを随時行ってます。お電話またはメールで、お気軽にお問い合わせください

ゴルフの流儀

ご存知のようにゴルフには審判のいないスポーツです。従ってプレイヤーはプレーヤー同士が審判となり進行しないといけません。 
審判になるにはルールを理解しないといけませんが、ゴルフはプレーのルールよりも、第一にエチケットを尊重するゲームで、ゴルフ競技規則の第一章に「エチケット」とかかれてます。
お教室に習いにきてくださる方の習う理由が、コースにでても恥ずかしくないようになりたいと答えるかたがおおいので、茨城県つくば市ゴルフスクールはこれからゴルフはじめる方ジュニア初心者女性シニアの方々にきちんと理解していただいてます。
簡単にいうとルールよりも礼儀が大事ということです。
では礼儀(エチケット)ってなあに? て方もいらっしゃるとおもうので書いておきますね
                     
コース上の礼儀(エチケット)
どんな場所でも周囲に人がいないか確認すること
素振りのつもりが芝に隠れてた小石に当り、他の方に小石が当ったり、クラブを人に当ててしまい大怪我をさせた例もあります。これは大変危険です。前方の組に打ちこむ可能性が少しでもある場合は、ボールは決して打ってはいけません。毎年打ち込みでけが人が出てます。
全責任はプレーヤーの責任となる。大変なことになります。もしもボールが人のいる方向へ行ったならば、大きな声で「フォアー」または「フォー」と叫び注意を促しましょう。 相手に聞こえなかったり、当ってから叫んでも意味がありません。大きな声で、すばやく叫んでください。
※フォー フォアーはbeforeのfore=フォーからきてます。
自分以外のプレーヤーがアドレスに入ったら、会話や動きを止め、目に入る位置に立たない。他の人のプレイは静かに見守ること。ボールのある次打地点には足早に行きましょう
スロープレイに気をつけよう  出来たら9ホールで2時間くらいで回りましょう。
次に誰が打つ番なのか、 旗は誰がもつべきなのか、グリーン周りで使わないクラブはどこにおくべきか、手際よくできるようがんばりましょう
                               、
コース上の保護
 フェアーウエイのディポットは、必ず芝を戻すか目土を入れましょう。 バンカーはボールに最も近く平らな低い位置から出入りし、打った後はレーキで必ずならして、レーキはバンカーの外に戻しておきましょう。
要は元の状態に戻すことです。
グリーン上は人のラインの上を歩かない。ボール・マーク(ボールの落下地点にできた傷)は、自分、他人関わらず修復します。
コース上の先行権
自分たちのプレーが遅く、後ろの組が早そうな場合後続組をパスさせましょうなければならない。ロストボールで5分間探す場合も同じです。時間がかかりそうならパスさせます。ゴルフは大体6分間隔で次々とプレイヤーがコースへ出て行きます。 一組遅れると全員が遅くなってしまうので、間隔を把握できるようにがんばりましょう
大体これくらいかな~  これくらいは覚えてからコースに出ましょう。
明日私が誰かを誘ってコースにいくとしたら、上手な人とかでなくて、エチケットを理解してる方と行きたいと思いますよ

 


ジュニア,女性,初心者からのゴルフ教室、ゴルフレッスンは、茨城県つくばゴルフスクールへ!無料体験レッスンを随時行ってます。お電話またはメールで、お気軽にお問い合わせください

レッスン、ミニスイング

練習場で最初から最後までドライバーばかり練習してる方を多く見かけます。
個々の考え方がありますので、一概に良し悪しはいえせんが、もし貴方が上達のために、練習場に練習をしにい
くのなら、短いクラブでミニスイング主体の練習に切り替えてみましょう。 
練習場で体を動かして、ストレスの発散のためにいってるのなら、なにもいうことはないのでそのままどうぞ。
他のページにも書いてありますが、ゴルフ上達=スイングの筋肉の動きを変えることです。
そのため、正しいゴルフスイングを覚える、または修正するとき、(筋肉の動きを変える)にフルスイングで行なうこ
とは大変難しと思いますし、時間もかかってしまいます。
フルスイングよりもミニスイング(シャフトが地面から平行のバックスイングからフォローまでのハーフスイング)で覚
えることで、より効率的にスイングを覚えたり、修正することができます。
繰り返し、正しいミニスイングを練習をすることで、筋肉に動きを覚えさせ、大きくスイングしてもブレのないスイング
が身に付くと思います。 
ミニスィングは体への負担も極めて少ないので、ジュニア女性初心者シニアのっゴルファーまで、どなたへもお勧めできる効果的指導法です。

 


ジュニア,女性,初心者からのゴルフ教室、ゴルフレッスンは、茨城県つくばゴルフスクールへ!無料体験レッスンを随時行ってます。お電話またはメールで、お気軽にお問い合わせください

つくばゴルフスクールのレッスン

ゴルフ基本はまず、
持ち方(グリップ
構え方(セットアップ
・体から手までの距離(コネクション
・前傾角度(ポスチャー
・体重のかけ方(ウェイト)
・両足の幅(スタンス
です。練習するたび、レッスンを教室で受けて頂くたびにチェックしてます
アマの多くは下半身の使いすぎで、そのエラーの大半は構えからきてます
下のアーニーエルスの動画の下半身の使い方に注意してをみてみましょう

ご友人と練習するときにでも確認してみましょう
べた足の状態でスイングしてみて、左膝が両つま先よりも前にでてないか見てもらいましょう。
前に出てたら要注意です。
ゴルフも他のスポーツ同様に全身を使いますが、いくつかの点は他のスポーツと大きく違う筋肉の動きが要求され
ます。その代表的なのが軸と体重移動の関係でしょうか
例えばボールを遠くに投げるときには、頭や腰は後ろから前へ大きくスライドさせますが、ゴルフではあまり薦めら
れていません。昔からスイング中に、頭を動かすな、スウェイさせるなと言われていたのはご存知の方もおおいの
ではないでしょうか
みなさんはスタンスの幅に悩んでませんか? これはプロでも差があるようですよね。 タイガーウッズはかなり広い部類でしょうか?つくばゴルフスクールでもスタンスの幅は注意深くみるようにしております。
 
一般的に言われてるのは、ドライバーでスタンスの幅は肩幅がスタンスで、クラブが短くなるにつれスタンス幅を狭くするです。。
本当にそれでいいのでしょうか?スタンスを広くするメリットは、スイング中バランスが安定する。
デメリットは体重の移動がしづらい点にあります。
逆にスタンスを狭くするメリットは体重の移動がスムーズになる。
デメリットはバランスの不安定があげられます。
しかし体の柔軟性は人それぞれですよね。例えば椅子に座った状態でどれだけ上半身をひねれるでしょうか?
これはもともとの柔軟性の違いもあるし、年齢的な要素からくる違いも出てきます。
アマの方にプロのように毎日トレーニングしてるスタンス幅が適正とは到底おもえません・・・。
結論として、普段からストレッチをして可動範囲を広げる、または維持する。
スタンスは、バランスが崩れないように注意しながら、足の幅は広くしすぎないこと
、がアマの方には理にかなって
るように思います。
※ スウェイ (Sway) バックスイングで体の軸が (右利きの人で) 大きく右側に移動してしまうこと。多少の右への動きでは スウェイとは言わない。右足内側よりも外側に顔 (頭) の中心が移動してしまうほど動けばスウェイである。
軸と体重移動の兼ね合いが難しい箇所であり、みなさんの悩みの一つになってるかと思います。
大事なことは軸のブレを最小限に抑えた体重移動であることを覚えておいてください。
その動きを覚えるためには、両足をべた足にさせたままでの練習は効果が高いです。

 


ジュニア,女性,初心者からのゴルフ教室、ゴルフレッスンは、茨城県つくばゴルフスクールへ!無料体験レッスンを随時行ってます。お電話またはメールで、お気軽にお問い合わせください

Pages: Prev 1 2