スウェイを直す方法

スウェイを直す方法
以前にも書いたように飛距離の70%は手と手首の振り子と腕と肘による二つの振り子の動きで決まりますが、
今日は残りの30%のお話を書きます。
腕の使い方が上手に使われてて、十分な飛距離が出ないのであれば、上体のねじりがボールに伝えられてない場合もあります。
その原因の一つが、バックスィングで右腰が横に流れてしまうケースで、通称スウェイと呼ばれています。
基本的にスウェイはパワーをロスしてしまい、十分なヘッドスピードをあげることが出来ませんし、
軸のブレによりミート率も極端に落ちてしまいます。
但し、一口にスウェイと言っても、10人が10人同じタイミングでスウェイするわけではないので、コーチはどこのタイミングでどれくらい動くのかをきちんとみてあげて、個人にあったアドバイスをしないといけません。
柔軟性や年齢も考慮し、人により与えるドリルも違ってきます。
スウェイしないようにするためには、バックスィングで右膝が外を向かない、体重が外側(小指側)に偏って乗らない、
などいくつかのキーポイントがありますが、右足の内側(親指側)で体重を支えてあげることが大切です。
経験上スウェイしてしまう方の多くは、バックスィング開始から右足外側に体重がかかり、
グリップが30センチも動いてないのにスウェイしてしまうケースが大変多いのです。
ですのでバックスイング開始直後から右足の体重のかかり方(位置)に注意してみましょう。開始で外側にかかってしまうとどうにもなりませんので・・・
どこのタイミングで、どのようなスウェイなのかを把握することも大事です。
さて直し方です。
① 両足を付けてスィングすることで横移動でなく、体を回転させるイメージをつかむこと
② 右足を左足の真後ろに引いて①と同じような感覚でボールを打つこと
③ 誰かに右足を、動かないようバックスィングの間押さえててもらうこと
④ 右足の外側にボール等を挟んで、内側に体重を乗せる感覚を養う事
⑤ バックスィングで、右膝が外を向かないように、右足を超内股の状態でボールを打つこと
⑤は特にお勧めです。
このような方法を使ってもスウェイしてしまう場合は・・メールか電話でご連絡ください。無料で個人的なアドバイスを致します。


 ジュニア,女性,初心者からのゴルフ教室、ゴルフレッスンは、茨城県つくばゴルフスクールへ!無料体験レッスンを随時行ってます。お電話またはメールで、お気軽にお問い合わせください

カテゴリー: 実践的なゴルフレッスン | タグ: , , , , | 投稿日: | 投稿者:

渡辺 政氏 について

全米ベスト20のインストラクターとしても有名な、マイク・マラスカ、ジム・フリック(写真左[米国ゴルフダイジェストゴルフスクール校長])に学び、93年に「ジャック・ニクラスゴルフスクール」の認定インストラクターとなる。2004年、アメリカ「ジャック・ニクラスアカデミーオブゴルフ」においても直接学び,国内外の最高レベルのインストラクション技術を持つ。日本語・英語のどちらでもレッスンを行っており、そのレッスン技術はアマからプロまで高い評価を得ている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>