つくばゴルフスクールのレッスン、オーバースィング

こんばんわ つくばゴルフスクール主宰渡辺です。
今日は、つくばまでいくのは遠いって方のために、オーバースィングの直し方を教えます。
一般的にオーバースィングとはトップで、ゴルフクラブのシャフトが地面と平行を超えた場合を言います。
結果として安定したダウンスィングがしづらくなり再現性に難点が出やすいと言われています。
もちろんオーバースィングでは安定しないってわけでもありませんが、
プロの様な相当の練習量が必要になるので、練習量の少ないアマチュアにはお勧めできないかな
オーバースィングになる原因は一つではありません。
トップでグリップが緩んだり、トップで両肘が曲がりすぎてもなりますし、様々な要因があります。
通常のレッスンはこのポイントを指摘を受けて、左肘を伸ばす練習を繰り返したり、
グリップを強く持つことを勧められていると思いますが・・・
直りましたか?
グリップを強く持つとクラブヘッドの重さを感じられませんし、特に右利きの場合はいくら左肘を伸ばすように注意しても
、利き腕の肘が曲がりすぎては左肘の曲がりは抑えられません。
そこで私が皆様に試していただきたいのは、
オーバースィングでお悩みの方は一度手首を使わないように、
素振りなり、ボールを打つ練習をすることです。
手首を使わない=コック無しと捕らえていただいてもおkです。
しばらくノーコックの練習してみましょう。
違和感なくなるくらい練習した頃には自然と直るはずです。
原因が良く分からないかたやオーバースィングかどうか分からない方は、
ビデオでスイングを送ってくだされば無料で診断及びレッスンを致します。


 ジュニア,女性,初心者からのゴルフ教室、ゴルフレッスンは、茨城県つくばゴルフスクールへ!無料体験レッスンを随時行ってます。お電話またはメールで、お気軽にお問い合わせください

カテゴリー: 実践的なゴルフレッスン | タグ: , , , , | 投稿日: | 投稿者:

渡辺 政氏 について

全米ベスト20のインストラクターとしても有名な、マイク・マラスカ、ジム・フリック(写真左[米国ゴルフダイジェストゴルフスクール校長])に学び、93年に「ジャック・ニクラスゴルフスクール」の認定インストラクターとなる。2004年、アメリカ「ジャック・ニクラスアカデミーオブゴルフ」においても直接学び,国内外の最高レベルのインストラクション技術を持つ。日本語・英語のどちらでもレッスンを行っており、そのレッスン技術はアマからプロまで高い評価を得ている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>