脱サラプロ、ラリー・ネルソン

ラリー・ネルソンは21歳で初めてクラブを持ち、24歳でプロ入り。81年、87年に全米プロ、83年には全米オープンに優勝。メジャー3勝!シニアツアーでも19勝を挙げたキャリアの持ち主で、身長173センチ、体重72キロと日本人と変わらない体形で成功した秘密はなんでしょう

ラリー・ネルソンは、こう申しております。

私が強調したいのは『基本の大切さ』。多くのゴルファーが自己流のスイングから抜け出せないのは、最初に基本をきちんと学ばなかったからです。

だから雑誌やいろいろなレッスンで紹介される『特効薬』に飛びついてしまいます

。1ヵ月はそれで良いかも知れませんが、やがてどこかおかしくなる。そうすると別のアイデアで打ち方を変える。これでは、いつまで経っても正しいスイングは身に付きません。

「まず、基本を学ぶこと。次に、意識しなくてもその基本ができるようになるまで練習することです。筋肉の使い方のエクササイズも重要です。ボールを打つだけがゴルフの練習ではありません」

 「実際にコースに出たら、今打ったショットのことは忘れ、『次の1打をどうするか』に集中することです。過去を振り返って、悔しがったり、得意になっても何のプラスにもなりません。常に『next』を考える。メジャーチャンピオンでもサンデーゴルファーでも同じです。次のラウンドでちょっと意識したらいかがでしょうか。これまでとは違ったゴルフが出来ると思います」

今からでも遅くありません。
茨城県つくば市にある「つくばゴルフスクール」で基本をきちんと覚えて確実に上達していきましょう

 

ジュニア,女性,初心者からのゴルフ教室、ゴルフレッスンは、茨城県つくばゴルフスクールへ!無料体験レッスンを随時行ってます。お電話またはメールで、お気軽にお問い合わせください

カテゴリー: 基本的ゴルフレッスン | タグ: , , , | 投稿日: | 投稿者:

渡辺 政氏 について

全米ベスト20のインストラクターとしても有名な、マイク・マラスカ、ジム・フリック(写真左[米国ゴルフダイジェストゴルフスクール校長])に学び、93年に「ジャック・ニクラスゴルフスクール」の認定インストラクターとなる。2004年、アメリカ「ジャック・ニクラスアカデミーオブゴルフ」においても直接学び,国内外の最高レベルのインストラクション技術を持つ。日本語・英語のどちらでもレッスンを行っており、そのレッスン技術はアマからプロまで高い評価を得ている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です