雪とゴルフ

IMG_0584[1] IMG_0580[1] IMG_0582[1]1月22日は茨城県稲敷郡にある美浦ゴルフクラブでプレーの予定でしたがご覧のような雪のため、スタートできずに解散になってしまいした。白いボールでは無理だと判断してオレンジのタイトリストのボールも用意したのですが・・・

ちなみに、雪はプレーヤーの選択により、ルースインペディメントか、カジュアルウォーターのいずれかとして扱うことができます。
球が雪の上に乗った場合、ルースインペディメントとして扱うと、球の周りの雪を取り除くことができます。ただし、球に付着している雪はルースインペディメントではないので取り除くことはできません。
また、球がハザード内にある場合はルースインペディメントを取り除くことはできません(規則23-1)。

雪をカジュアルウォーターとして扱うことにした場合は規則25-1に基づいて救済を受けることができます。

霜柱は雪と同様で、プレーヤーの選択により、ルースインペディメントか、カジュアルウォーターのいずれかとして扱うことができます。

露と霜はルースインペディメントではないので取り除くことはできません。またカジュアルウォーターとして扱うこともできません。
したがって、意図するスタンス、スイング区域、球のライにある露や霜を取り除くと規則13-2の違反となり2打の罰を受けることになりますが、ティーインググラウンド上に限っては露と霜を取り除くが認められています。

初心者からプロゴルファーまでの個人レッスンやスクールなら茨城県つくばゴルフスクールにご相談ください

ジュニア育成、初心者からプロゴルファーまでのゴルフスクール。、個人レッスンやゴルフ教室などゴルフのことなら、茨城県つくばゴルフスクールへ!無料体験レッスンを随時行ってます。お電話またはメールで、お気軽にお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>