パットの極意1

パットの極意

 距離(スピード)9割、方向(ライン)1割

 ゴルフのスコアアップに欠かせないのが3パットを減らすことです。ワールドゴルフランキング現在9位のルーク・ドナルドはパットの名手として有名ですが、彼の持つ記録が449ホール3パット無し、アマチュアのシングルの3パットの出る確率が90ホールに1回と言いますから、シングルゴルファーの5倍は3パットが出にくいのです。

 

彼は「ゴルフで最も大切なことは、基本を守ること」だと言っています。その基本は構えにあるそうです。手のひらで握るグリップと、打ち出すラインが目の下に来るセットアップを常に実践しているそうです。

 

3パットでお悩みの方は、その原因を理解するために過去のラウンドを振り返ってみましょう。メモをつけるのもいい習慣です。

ファーストパットはどちらの方向に転がり、距離はオーバー? ショート?等をメモしていきます。

おそらくファーストパットは方向には大した誤差はないけれども、距離感が安定していないってことに気が付くと思います。 そうです、3ヤードも左右に方向がぶれる確率は低いですが、3ヤードのオーバーやショートはたくさんしているはずです。

 ですので、グリーン上では方向(ライン)でなく距離(スピード)に集中してみましょう。きっといつもと違うパッティングゲームになるはずです。

 

ジュニア育成、初心者からプロゴルファーまで !個人レッスンやスクール、その他、ゴルフのことなら茨城県つくば市と筑西市にある『つくばゴルフスクール』にご相談ください

ジュニア育成、初心者からプロゴルファーまでのゴルフスクール。、個人レッスンやゴルフ教室などゴルフのことなら、茨城県つくばゴルフスクールへ!無料体験レッスンを随時行ってます。お電話またはメールで、お気軽にお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>