ライの見極めと対応

ボールのライに対する対応の仕方

ライ(ボールの置かれてる状態)がいい場合は上げたり、低く抑えたり、スピンを利かせたりと何でもできますが、ライが悪い場合は少し違ってきます。

アプローチの基本はボールは右足の前に置き、体重は左足に乗せ、体重移動は行わずにアドレスの形のままスイングします。傾斜がある場合は傾斜に沿って振ることが大切です。ラフの中にボールがあれば、いつもよりも大きめに振るように心がけます。また同じラフでもボールが深くラフの中にあればクラブをやや鋭角に落として、芝生の影響を減らします。逆目の場合も同じです。ボールが完全にラフに埋まっていたら、うまくボールだけを打とうとせずに、バンカーショットの要領で手前からダフルようにクラブを落としてみましょう

初心者からプロゴルファーまでの個人レッスンやスクールなら茨城県つくばゴルフスクールにご相談ください

 

 

ジュニア育成、初心者からプロゴルファーまでのゴルフスクール。、個人レッスンやゴルフ教室などゴルフのことなら、茨城県つくばゴルフスクールへ!無料体験レッスンを随時行ってます。お電話またはメールで、お気軽にお問い合わせください

カテゴリー: ショートゲームゴルフレッスン, スクール最新情報 | タグ: , , | 投稿日: | 投稿者:

渡辺 政氏 について

全米ベスト20のインストラクターとしても有名な、マイク・マラスカ、ジム・フリック(写真左[米国ゴルフダイジェストゴルフスクール校長])に学び、93年に「ジャック・ニクラスゴルフスクール」の認定インストラクターとなる。2004年、アメリカ「ジャック・ニクラスアカデミーオブゴルフ」においても直接学び,国内外の最高レベルのインストラクション技術を持つ。日本語・英語のどちらでもレッスンを行っており、そのレッスン技術はアマからプロまで高い評価を得ている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>