カテゴリー別アーカイブ: 基本的ゴルフレッスン

つくばゴルフスクールのレッスン

ゴルフ基本はまず、
持ち方(グリップ
構え方(セットアップ
・体から手までの距離(コネクション
・前傾角度(ポスチャー
・体重のかけ方(ウェイト)
・両足の幅(スタンス
です。練習するたび、レッスンを教室で受けて頂くたびにチェックしてます
アマの多くは下半身の使いすぎで、そのエラーの大半は構えからきてます
下のアーニーエルスの動画の下半身の使い方に注意してをみてみましょう

ご友人と練習するときにでも確認してみましょう
べた足の状態でスイングしてみて、左膝が両つま先よりも前にでてないか見てもらいましょう。
前に出てたら要注意です。
ゴルフも他のスポーツ同様に全身を使いますが、いくつかの点は他のスポーツと大きく違う筋肉の動きが要求され
ます。その代表的なのが軸と体重移動の関係でしょうか
例えばボールを遠くに投げるときには、頭や腰は後ろから前へ大きくスライドさせますが、ゴルフではあまり薦めら
れていません。昔からスイング中に、頭を動かすな、スウェイさせるなと言われていたのはご存知の方もおおいの
ではないでしょうか
みなさんはスタンスの幅に悩んでませんか? これはプロでも差があるようですよね。 タイガーウッズはかなり広い部類でしょうか?つくばゴルフスクールでもスタンスの幅は注意深くみるようにしております。
 
一般的に言われてるのは、ドライバーでスタンスの幅は肩幅がスタンスで、クラブが短くなるにつれスタンス幅を狭くするです。。
本当にそれでいいのでしょうか?スタンスを広くするメリットは、スイング中バランスが安定する。
デメリットは体重の移動がしづらい点にあります。
逆にスタンスを狭くするメリットは体重の移動がスムーズになる。
デメリットはバランスの不安定があげられます。
しかし体の柔軟性は人それぞれですよね。例えば椅子に座った状態でどれだけ上半身をひねれるでしょうか?
これはもともとの柔軟性の違いもあるし、年齢的な要素からくる違いも出てきます。
アマの方にプロのように毎日トレーニングしてるスタンス幅が適正とは到底おもえません・・・。
結論として、普段からストレッチをして可動範囲を広げる、または維持する。
スタンスは、バランスが崩れないように注意しながら、足の幅は広くしすぎないこと
、がアマの方には理にかなって
るように思います。
※ スウェイ (Sway) バックスイングで体の軸が (右利きの人で) 大きく右側に移動してしまうこと。多少の右への動きでは スウェイとは言わない。右足内側よりも外側に顔 (頭) の中心が移動してしまうほど動けばスウェイである。
軸と体重移動の兼ね合いが難しい箇所であり、みなさんの悩みの一つになってるかと思います。
大事なことは軸のブレを最小限に抑えた体重移動であることを覚えておいてください。
その動きを覚えるためには、両足をべた足にさせたままでの練習は効果が高いです。

 


ジュニア,女性,初心者からのゴルフ教室、ゴルフレッスンは、茨城県つくばゴルフスクールへ!無料体験レッスンを随時行ってます。お電話またはメールで、お気軽にお問い合わせください

つくばゴルフスクールの考えるゴルフ

ただボール数打つだけでなく、考える練習レッスンはとても大事です。

例えば、「スイング」の意味を考えたことはありますでしょうか?

ウィキペディアで調べると

スウィングスイング(swing)とは、英語で「揺らす」「振る」の意。日本語では外来語化し「スイングする」とも使う。

書いてあります。

ですのでゴルフをスイングするということは、クラブヘッドの重さを使いクラブを揺ら揺らさせて、、感じて振るということになります。

ここで大事なのはクラブを持つ強さです。重さを感じるには軽く持つことです。

次の練習ではお忘れにならぬよう試してみてください。

つくば市も毎日のように30度を越える日々が続いてます。
練習も大事だけど、体調の悪いときは暑い日中は控えましょう。ゴルフ場にいく場合もなるべく通気性の良い洋服を
選んで着て、帽子もかぶるようにしましょう。
「のどが渇いた」と感じたときには、すでにかなりの水分不足になっていることが多いので、喉が渇く前に定期的に少
しずつ水分を補給します。特に夏場は汗と一緒に塩分が失われているので、スポーツドリンクなどを飲みましょう
子どもや、体力が衰えはじめた高齢者は熱中症になりやすいので、予防を心がけることは特に大事です。
 熱中症にはくれぐれもご注意して、練習、ラウンドしてください


 
ジュニア,女性,初心者からのゴルフ教室、ゴルフレッスンは、茨城県つくばゴルフスクールへ!無料体験レッスンを随時行ってます。お電話またはメールで、お気軽にお問い合わせください

脱サラプロ、ラリー・ネルソン

ラリー・ネルソンは21歳で初めてクラブを持ち、24歳でプロ入り。81年、87年に全米プロ、83年には全米オープンに優勝。メジャー3勝!シニアツアーでも19勝を挙げたキャリアの持ち主で、身長173センチ、体重72キロと日本人と変わらない体形で成功した秘密はなんでしょう

ラリー・ネルソンは、こう申しております。

私が強調したいのは『基本の大切さ』。多くのゴルファーが自己流のスイングから抜け出せないのは、最初に基本をきちんと学ばなかったからです。

だから雑誌やいろいろなレッスンで紹介される『特効薬』に飛びついてしまいます

。1ヵ月はそれで良いかも知れませんが、やがてどこかおかしくなる。そうすると別のアイデアで打ち方を変える。これでは、いつまで経っても正しいスイングは身に付きません。

「まず、基本を学ぶこと。次に、意識しなくてもその基本ができるようになるまで練習することです。筋肉の使い方のエクササイズも重要です。ボールを打つだけがゴルフの練習ではありません」

 「実際にコースに出たら、今打ったショットのことは忘れ、『次の1打をどうするか』に集中することです。過去を振り返って、悔しがったり、得意になっても何のプラスにもなりません。常に『next』を考える。メジャーチャンピオンでもサンデーゴルファーでも同じです。次のラウンドでちょっと意識したらいかがでしょうか。これまでとは違ったゴルフが出来ると思います」

今からでも遅くありません。
茨城県つくば市にある「つくばゴルフスクール」で基本をきちんと覚えて確実に上達していきましょう

 

ジュニア,女性,初心者からのゴルフ教室、ゴルフレッスンは、茨城県つくばゴルフスクールへ!無料体験レッスンを随時行ってます。お電話またはメールで、お気軽にお問い合わせください

つくばゴルフスクールのレッスン

ゴルフをうまくなる方法は・・・

筋肉にゴルフにおける体の使い方を覚えさせることですよね。

そのために現在の状態を把握してどこを、どのように変えたら、どうなるのかを整理して順序よく繰り返し覚えこませる練習が必要です。

ここを間違えると一年前となにも変わらない・・・。なんてことも起きるのです。

そのため自分のスィングをビデオで見る習慣をつけましょう

よくいわれる言葉ですが「スイング中に頭は動かすな」
本当にそうでしょうか?
残そうとするあまり、弊害が起きてる方も練習場でよく見かけます。
最近大活躍の女子プロ 有村知恵をみてみましょう

見ての通りバックスイングで頭は少し右へ、ダウンスイングからフィニッシュにかけて左方向に頭も移動してますよね。 
くれぐれも残しすぎには注意が必要です。

ジュニア育成、初心者からレディース、中級者、上級者、プロゴルファーまで、ゴルフのレッ
スンやスクール、その他、ゴルフのことなら茨城県つくば市と筑西市にある『つくばゴルフス
クール』にご相談ください


ジュニア,女性,初心者からのゴルフ教室、ゴルフレッスンは、茨城県つくばゴルフスクールへ!無料体験レッスンを随時行ってます。お電話またはメールで、お気軽にお問い合わせください

Pages: Prev 1 2